Entries

確かな一歩と余計な謎

こんばんは、『キスと魔王と紅茶 ~Kiss×Lord×Darjeeling~』の感想を書きました、kokurinです。
この記事の下にある追記を表示からどうぞ。直接この記事に飛んでくる方は、大きく行を空けたところから下に書いてあります。
ネタバレはしています。見たくない人は気をつけてください。



本作は自分がプレイした同メーカーさん作品、特に『みらろま Miracle Romance Strawberry Scramble』『リリカル♪りりっく』と比べて、ある意味初めて萌えゲーらしさを感じた1本でした。
過去の作品もまた、萌えを押し出した作品だとは思うのですが、やってみると萌えを阻害する要素が余りにも多く、残念さがありました。
それと比べると、本作はそういう阻害する要素がかなり少なかったのが良かったポイントでしょうね。あくまで微妙過ぎる過去の作品と比べてなので、萌えのパワーを絵に頼りすぎな感は否定できませんけど。


ただ、気になるのは設定でしょうか。
本作が萌えゲーとしてぎりぎり及第点と思えたのは、本作の設定がシナリオに貢献したわけでも、余計な設定がなかったわけでもなく、多くの設定を無視することで成立している点は、総合的な完成度という観点からはマイナスと思われてもしょうがないかなあと。
この設定いらなかったんじゃ……というものが多いので、そこに力点を置いたり、引っ掛かったりすると、かなり不満を感じてしまいそうです。
最低限必要だと思った設定も、説明がないのが多く、すっきりとはしません。
でしゃばってないというのが、消極的な意味での救い……なのかな?


そんな部分を除けば、とても良い感じなのですけどね。
特に絵は、質も良いですし、特に本作は自分の好みに強く合致。Hシーンも悪くなかったです。

小さいですが、確かな進歩はありました。















で、結局魔王設定ってなんだったの?


全部終わっても、こんな疑問が湧き上がる時点で、本作の設定説明は赤点ものというしかない。
一部については仮説の類はいくつか出てくるものの、説得力が弱いものが多く、矛盾を含むものも存在することから、それだけではっきりと答えを出すことは無理がある。
他には魔王に関わるいくつかの組織、集まりがあるものの、どれも掘り下げがほとんどないため、魔王を取り巻く環境面でも作りが甘い。

また実際の魔王の活躍も無いのが、更に魔王の存在価値を解らなくしてしまっている。
魔王がきちんと現れるのは、どのルートでも良くて1回程度というのが多くて、しかも追い掛け回されておしまいを始めとした、あまりにもあっさりな内容。
せっかく魔王という呼び名を得ているのに、普通の人間を上回る力を得ているというのに、この存在感の絶望的な薄さには驚くしかない。もちろん悪い意味で。
多少この設定絡むルートはあるものの、そのどれもが、魔王である必然性を感じることは出来なかった。ヒロインとの接点を生み出す以上の効果がないからだ。
タイトルにもある紅茶も、この魔王設定と同じくほとんど存在意義を感じられない。更紗とつばさで僅かに触れておしまい。


でも、そのおかげで萌えゲーとして、最低限の作りを保てている。そう考えると、何だか複雑な気分にさせられる。
更紗ルートで語られる九曜家について、優菜ルートで語られる魔王の能力を持って生きるということを考えると、深く突っ込めばどこまでもシリアスな物語に出来てしまうようにも見える。
そう考えると、萌えを期待していた身としては、こういう形もあり、とも思える。理想を言えば、最初からこのような設定なんかいらなかったということになるのだが。


萌えゲー、キャラゲーとして見た場合でも、ヒロインの感情の変化があまり描けていないことや、主人公:憩一が中心のCUQを始めとしたキャラ間の関係について掘り下げが無いことによる説得力の不足は結構痛い。
それでも、それすらも許容したくなるだけの絵に、自分は賛辞を送ることにする。


……そこにしか、文句なしの賛辞を送る箇所がない事実に対して、そこだけかと考えるか、1つでも良いと言えるところがあるだけ十分かは、また別に考えるとして。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://majikarukokurin.blog97.fc2.com/tb.php/980-49914fdc

0件のトラックバック

2件のコメント

[C1239]

年末に向けていいペースでクリアしてますね~

昨日TS内でクリアしたゲームの話になったんですが…
自分は春から一本もクリアしてないと気づきました…
  • 2009-11-02
  • 虚夢
  • URL
  • 編集

[C1240]

>虚夢さん
クリアする、出来る本数というのは時期によって違うものですから、そういうこともありますよー。
自分も一昨年からそれなりの本数をこなすようになりましたが、その前はほとんどやってませんでしたしね。

虚夢さんの未来が萌えあがることを期待していますよっ。えろ的な意味でも。

  • 2009-11-03
  • kokurin
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

こくりん

Author:こくりん

可愛い妹が好きです。
髪は肩くらいの長さで、黒&茶系が好み。
素直な娘よりも意地っ張りなところがあったほうが好きです。
学生(制服)という設定は外せない。
えろい妹も歓迎です。
小さい胸だと尚良いです。
実でも義でも偽でも妹ならOKです。
前は「兄さん」が一番でしたが、
最近は「お兄ちゃん」の方が良い気がしてきました。
「私という脳内義妹がいながら他の妹が良いんですかこの兄さんはっ」(やばい武器をじゃきーん★)
……だって「兄さん」だとこのイメージがついちゃったもん。
全部、2次元の話ではありますけどね。でもがくぶる。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

期待中~☆

Nanawind第四弾「春音*アリスグラム」応援中! 『おとれな』を応援中! 『桜ひとひら恋もよう』応援中です! 『まほ×ろば』を応援しています!

最近のプレイ作品~♪

D.C.III With You ~ダ・カーポIII~ ウィズユー 『彼女と俺の恋愛日常』応援中です!

応援中っ★

ま~まれぇど新作第11弾『お家に帰るまでがましまろです』 しゅがてん!-sugarfull tempering- 『まほ×ろば』を応援しています!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

月別アーカイブ

著作権表記

Copyright(C) 2006 GCREST, Inc. All Rights Reserved. (C)Copyright 2006 NtreevSoft Co., Ltd. All Rights Reserved. Ntreev and Trickster are registered Trademarks.