FC2ブログ

Entries

同じ桜の坂の下

こんばんは、『桜待坂Stories Vol.1』の感想を書きました、kokurinです。
この記事の下にある追記を表示からどうぞ。直接この記事に飛んでくる方は、大きく行を空けたところから下に書いてあります。
ネタバレはしています。知りたくない方は見ないように気をつけてください。



1つの作品に2つの話(『フレンズ to Sweets』『花蝶楓月』)が入っている作りなので、追記にある感想の方もそれぞれ分けて書いてます。
2つの話の繋がりは弱いですしね。


両方の作品に共通するポイントは雰囲気の良さと、Hシーンが多いことでしょうか。
やや独特なんですが、雰囲気を一番に楽しむ作品でしょうかね。
『花蝶楓月』の方のキャラ情報を見れば特に解りやすいんですけど、年齢や仕事、通う学園等、みんな色々バラバラなのに、最初からみんな気が置けない関係になっているのが新鮮でした。

もう1つの共通するポイントとしてあげたHシーンはふにぷにシステムという、マウスを使って色々するというものが中心なので、これをどう感じるかがポイントですかね。
自分としては、ちょっと煩雑に感じたかなと。
このシステムを使わないHシーンが割りを食った印象がしたのも残念。


1本に2つの話ということで、どちらもこじんまりとしていますが、そのどちらもそこそこ楽しませてもらいました。
個人的に、『花蝶楓月』はシナリオをもうちょっと何とかすればもっと良くなったと思えただけに、惜しい気もしますけど。
あと、観月くんの存在に加え、義妹に緊縛……悪くないね(何か影響を受けてます

色んな意味で記憶には結構残りそうな1本でした。














『フレンズ to Sweets』
甘々直球な方向性に突き抜けようとしているような一作。
その分、シナリオ上のバカップル的な部分が大半を占めていて、甘さいっぱいの日常とHシーンは中々の破壊力。
逆にそこへ力点を非常に置いた影響か、そういう関係になるまでがかなり端折っているように見えますし、シリアス部分も思ったより重いわりには扱いはあっさり。
ただ、プレイ時間の多くを占める日常部分がそこそこ楽しかったので、それ程悪い感じがしなかったのも事実。

一点突破、かつシンプルさが印象的な、それなりに心地良い小作品でした。



『花蝶楓月』
正直、シナリオ面ではかなり評価が難しい話になってしまったと思います。
この話は、独特ながら心地良い日常と、インモラルさ全開となっている主人公が見る夢――主に内容はHシーンなんですが――という2つを交互に繰り返す形なのですが、この2つの繋がりがあまりに希薄です。
圧倒的に肉付けが足りないせいで、何故主人公はそんな変態さに溢れた夢を見てしまうのかが、夢だから大きな意味は無い形で片付けられてしまいますし。夢と現実が繋がる部分も最後のEDに僅かな影響を与えているくらいなので、夢の存在自体に(シナリオ上での)必要性があったのかも疑わしく見えてしまいます。


でも、甘さではさすがに劣りますが『フレンズ to Sweets』よりも心地良く感じられた雰囲気。
そして夢の場面における、男の子である観月とのHシーンや義妹である楓華との緊縛を中心としたHシーン等、倒錯的なえろさはかなり興味深かったです。
それだけに、シナリオ上の説明不足、現実と夢の繋がりがあまりに無いことが非常に悔やまれます。



・2つをまとめて
1本の作品に2つの作品を入れた形のせいか、どちらもこじんまりとしてしまっていました。
特に『花蝶楓月』は色々と足りないものが多かったこともマイナスです。
同じ街を舞台にしているといっても、関連性はオマケっぽさが強く、あまり意味がないことも残念。
ただ、どちらも、雰囲気の良さを保ちつつ、Hシーンが多めの構成という形を取りながら、その具体的な内容は違う形で表現していたことは評価出来るのでは無いでしょうか。

同年代(同じ学園に通う)の人たちで構築された雰囲気と、甘いHシーンで作られた『フレンズ to Sweets』。
年代・立場等、各々違う人々が織り成す温かさと、その日常からはかなりの温度差を受ける、背徳感強いHシーンが展開される『花蝶楓月』。

この街に住んでいる人々は、色んな想いや複雑な事情を抱えながらも、それぞれに合った幸せを噛み締めながら過ごしている。
そこだけは、この2つの小作品が同居している意味が見出せるのでは、なんて考えてます。
スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://majikarukokurin.blog97.fc2.com/tb.php/842-c569e7c2

0件のトラックバック

2件のコメント

[C1135]

桜待坂1だったのね~
>観月くん
無いバージョンの方しか記憶になかったよw

桜待坂シリーズ全部、Vistaだと動かないんだよね、懐かしいな~


そうそう、昨日の話。
前に炎多留の話が出たから、対象は違うけど一緒にBLも極めているのかと思ったよ~
  • 2009-06-17
  • わた
  • URL
  • 編集

[C1136]

>わたさん
観月くんは良い子でした……とあるEDでのCGはちょっとびっくりしたけど。
この調子でしばし懐かしいと思えるような時期の積みは崩していきたいなーと思ってるよー。

『炎多留』は元々抱き枕れぽのお師匠の影響で知ったからね。
あとちょっとで、ゲームは手元に来そうになったからやっていた可能性もあったといえばあったけど。やってないからね。
……と、お師匠のサイトでは、またBLとはちょっと違う分け方されてるけれど。

  • 2009-06-18
  • kokurin
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

こくりん

Author:こくりん

可愛い妹が好きです。
髪は肩くらいの長さで、黒&茶系が好み。
素直な娘よりも意地っ張りなところがあったほうが好きです。
学生(制服)という設定は外せない。
えろい妹も歓迎です。
小さい胸だと尚良いです。
実でも義でも偽でも妹ならOKです。
前は「兄さん」が一番でしたが、
最近は「お兄ちゃん」の方が良い気がしてきました。
「私という脳内義妹がいながら他の妹が良いんですかこの兄さんはっ」(やばい武器をじゃきーん★)
……だって「兄さん」だとこのイメージがついちゃったもん。
全部、2次元の話ではありますけどね。でもがくぶる。

プロフ画像は『カスタムオーダーメイド3D2』(カスタムヒロイン)より

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最近のプレイ作品~♪

ちぇ~んじ!~あの娘になってクンクンペロペロ~

期待中~☆

ま~まれぇど新作第12弾『スタディ§ステディ』 シルキーズプラス『きまぐれテンプテーション』

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

月別アーカイブ

著作権表記

Copyright(C) 2006 GCREST, Inc. All Rights Reserved. (C)Copyright 2006 NtreevSoft Co., Ltd. All Rights Reserved. Ntreev and Trickster are registered Trademarks.