FC2ブログ

Entries

躓いてしまった両立

こんばんは、『Canvas3 ~白銀のポートレート~』の感想を書きました、kokurinです。
この記事の下にある追記を表示からどうぞ。直接この記事に飛んでくる方は、大きく行を空けたところから下に書いてあります。
ネタバレはそれなりにしています。ネタバレが見たくない人は気をつけてくださいね。



こちらでは、ネタバレしない範囲で色々と。
とりあえず出来としては、一部除いてちょっと残念だったかなあと。
萌えゲーとして期待していたんですが、萌えと、もう1つの要素というかテーマを書こうしたせいか、1ルートを除いて萌え要素が弱いんですよね。
萌えゲーなのに、そのもう1つの要素に足を取られちゃったという感じでしょうか。
また主人公が鈍感過ぎる部分をひたすら強調するルートの存在はマイナス。この部分は程々の描写に留めておいてもらいたかったなと。
そして個人的に恋華ルートは結構ショックな展開に。このルートが私的にはある意味一番しょんぼり。

良かったポイントは絵と音関連。
絵が一番の購入理由だっただけに、そこは満足。ただし、ある程度覚悟はしていたけどやはりOHPに大半が出ちゃってます。うん、割合的には本当に出過ぎな気が。
BGMは作品の雰囲気的にちょい微妙なものがありましたが、単体ではそこそこ良いんじゃないでしょうか。歌は挿入歌が予想以上にありました。ただし使われ方はどれもやや無念ですけど。
あとHシーンは一部ヒロイン限定ではありますが、これまでのシリーズ作品を振り返ってみると、結構ツボに入ったシーンがあって嬉しい限り。ある意味唯一の嬉しい誤算でしたかね。


しかし、やはりシナリオだけは寂しいところ。
シナリオに抱いた期待は小さかったけれど、決して無かったわけではないので、正直ちょっと悲しいかな。
それなりに好きなシリーズだけにね。















主人公の成長と、萌え。
この2つは、自分が全ての個別ルート内で感じることが出来た要素でした。
ですが、この2つを上手く書けていたかと言うと、全体的に中途半端さが強かったといえます。


まず萌えを感じられるところが想像以上に少なかったです。
というのもまず、どの個別ルートも、一定以上主人公の成長という部分だけに多くのボリュームを割いているのが一因でしょうね。
しかしその主人公の成長過程がどうも見ていて楽しく無いのは痛かったです。
例えば利奈・涼ルートはどう見ても主人公の鈍感さ、その強調ばかりで話しを進めるので、ヒロインに魅力を感じないときついですし、恋華ルートの主人公もかなり微妙。
その割りに成長部分の解決があまりにあっさりしているので、拍子抜けしてしまうことが多々ありました。
自分としてはもうちょっとヒロインと関わり合いながら、ゆっくりと共に歩んで成長していく形も出来たのではと思いますが、どのルートも主人公の悩みだけを押し出し過ぎですね。


唯一それをある程度抜け出せていたのは遊佐ルートでしょうか、このルートだけは、中盤ですっぱりと主人公の成長に関しては片付けてしまうので、後半はひたすら頑張る主人公と遊佐とのやりとりを純粋に楽しむことが出来ました。結果として、このルートの後半は一番楽しい話だと感じましたね。ここの後半は主人公もぐっと良くなりますし。
他ルートが似たネガティブさを延々と終盤まで続ける中、楽しさという意味ではその必要がまったく無いことをはっきりと教えてくれました。
あと地味に遊佐はHシーンも一番良く出来ていると思います。シリーズを通してみても、ここは大きく他に差をつけているでしょう。
……まさかちょっとだけとはいえ卑語があるとは思わなかったし。自分が抱いていたシリーズ全体の(Hシーンに関する)イメージを良い意味で裏切ってくれたかな。



はっきり言って、もうちょっと萌えや、楽しませることを意識して欲しかったと思うルートが多いことが残念でした。
事前の期待からも、主人公の成長ばかりに重点を置いた話を楽しみにしていたわけではありませんし、その出来もいまいちでしたから。
もし主人公の成長を書くなら、個別ルートのボリュームの大半を悩む描写にする必要は無いと思います。書くのであれば、悩む部分と同時に、絵を描く上で大切な気持ちを胸に抱き、ただひたすら真っ直ぐに頑張る描写が欲しいんです。
真摯に、でも楽しみながら頑張っていく姿が、その結果として作り出した作品が、シナリオ上ヒロインみんなの心を射止めているのだから、尚更ね。









【ちょっとしたネタバレ雑談というか涙】
攻略ヒロインの1人、恋華。実妹ですが攻略可能ではありました。
だけど、実は恋華のHシーンは、挿入までされません。そういう恋華の初めてを~的なシーンはありません。その手前でHシーンは終わります。
恋華ルートの主人公がいまいちだとか、恋華のCGが他のヒロインより少ないということよりもショックでした。
実妹か、実妹だからなのかっ!? いや、あそこまでやったらちゃんと最後までしなよ!? と内心涙でしたよ、ええ。
……きっと、本作最大の中途半端はここにある。……かもしれない。
スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://majikarukokurin.blog97.fc2.com/tb.php/755-17f6e7b0

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

こくりん

Author:こくりん

可愛い妹が好きです。
髪は肩くらいの長さで、黒&茶系が好み。
素直な娘よりも意地っ張りなところがあったほうが好きです。
学生(制服)という設定は外せない。
えろい妹も歓迎です。
小さい胸だと尚良いです。
実でも義でも偽でも妹ならOKです。
前は「兄さん」が一番でしたが、
最近は「お兄ちゃん」の方が良い気がしてきました。
「私という脳内義妹がいながら他の妹が良いんですかこの兄さんはっ」(やばい武器をじゃきーん★)
……だって「兄さん」だとこのイメージがついちゃったもん。
全部、2次元の話ではありますけどね。でもがくぶる。

プロフ画像は『カスタムオーダーメイド3D2』(カスタムヒロイン)より

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最近のプレイ作品~♪

ちぇ~んじ!~あの娘になってクンクンペロペロ~

期待中~☆

ま~まれぇど新作第12弾『スタディ§ステディ』 シルキーズプラス『きまぐれテンプテーション』

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

月別アーカイブ

著作権表記

Copyright(C) 2006 GCREST, Inc. All Rights Reserved. (C)Copyright 2006 NtreevSoft Co., Ltd. All Rights Reserved. Ntreev and Trickster are registered Trademarks.