FC2ブログ

Entries

帯に短したすきに長し

こんばんは、『鋼炎のソレイユ -CHAOS REGION-』の感想を書きました、kokurinです。
この記事の下にある追記を表示からどうぞ。直接この記事に飛んでくる方は、大きく行を空けたところから下に書いてあります。
ネタバレはほんの少しだけあります。具体的な内容は極力抑えていますが、それでも気になる方は見ないようお願いしますね。


短く言えばそれなりに楽しいキャラゲーです。……自分としてはかなり意外な感じでしたけど、間違いなくキャラゲーという印象でした。
力の入れるべきところがずれている感じは結局最後まで抜けなかったかなと。そこそこ楽しいけど、それと同じくらい物足りなさが強いです。
シナリオがもう少し楽しめれば……と思わずにはいられません。各ルートがやや短くてあっさり過ぎでしょう。
いくつかの点を考えると、本作の同日発売であり、プレイした『11eyes -罪と罰と贖いの少女-』とは対照的な印象を受けます。
『11eyes -罪と罰と贖いの少女-』は萌え・えろが足りなかった分をシナリオ・戦闘シーンでしっかりと支えていましたが、『鋼炎のソレイユ -CHAOS REGION-』は逆に萌えやえろには気を遣っていたのに、土台となるシナリオ・戦闘には凹みました。

あと、同メーカーの『白銀のソレイユ -Successor of Wyrd≪運命の継承者≫-』『はるかぜどりに、とまりぎを。』とは話としてリンクする部分があるようなので、そちらを先にやればもっと楽しめるのかな?
そしてこのシリーズはどこまで続くのか……ゆっくりゆったり見て行きますよ。




ちなみに昨日は無事『夏空カナタ』届きました~、ということで早速プレイ。結果茅羽耶ルートは終わりました。
出来としては予想以上に良かったです。
これまでの同メーカー過去作品をやっていて、最大の懸念材料ともいえた主人公が完璧に改善されているのが評価。
サブキャラもかなり光ってましたね、自分としては特に中盤に差し掛かったあたりのマスターが素敵。五郎も良い人です。
マスターといっても後ろに「アジア」や「ガンダム」がついたりはせず、プロ野球OBによる野球の興行とは関係ありません。
話も思った以上にちゃんとしていて好感触、シナリオのラストにおける展開はやや予想外なものだったのはびっくりですが。
このラストは自分の中では少し思うところはありますけど、総合すれば十二分な出来かと。



現在は由比子ルートの途中というところです。
最初はキャラの立場的にどうなるか不安が強かったですが、ここまでの感じとしては思ったよりは良好。
茅羽耶ルートを上回るのはちょっときついかなとも思いますが、中々楽しめているのでいいかな。
現時点では当たりといえる作品ですね。残りの部分にも期待だよっ。













ちぐはぐな1本。

キャラゲーとして、キャラクターは優秀。
性格的に癖の強い女性キャラクターが多く、ともすればかなり好き嫌いがはっきり分かれそうな気さえするこのメンバーの中で、それぞれが持ち味を上手に引き立たせられていることには非常に驚きと共に好感がある。
ギャップでぐっと来る桜火に、中盤は良い意味で子供っぽさを感じさせてくれた麟、厳しさの中に時折見せる行動と言動が魅力を生み出す無限等、女性キャラクターはとても活き活きとしているように感じられた。
特に女性の身体を持つ主人公、流はもはや女性であることを利用したノリノリ状態なんてイベントもあって、主人公なのにヒロイン的立ち位置を奪っているような錯覚さえしてしまうくらいである。


ただその一方で、シナリオ、シリアス面は非常に厳しい出来。
第一に説明不足。量的な不足はもちろんあるが、解りやすさを意識した説明が少なすぎる。
大まかな流れは掴めても、1つ1つの行動における意図が読みづらく、もやもやとした感覚になってしまう。

また、戦闘をカードバトルにしてしまったのも、シリアス面の出来を貶めてしまう結果を招いている。
戦うことを主に置かれた話でありながら、そういう戦闘描写がほとんど無いのがその一因。また戦闘代わりに入れられているカードバトル自体も、そのシステム上、“戦っている”という感覚に繋がりにくいのも痛い。
話のボリュームも、ここで終わり? と思ってしまうレベルが一層シリアスさを巧く構築出来ていないようにも感じてしまう。
主に現れる敵役の、煉獄や六木も、多くのルートでは単純に倒すべき敵として描写しなかったことは、キャラとしては面白みのある人物であった一方、上記のシナリオ・システムで、主人公側と戦う相手としての魅力は削られていた感は否めない。


戦闘、シリアス面では動きが足らず楽しめないのに、日常シーンでは戦乙女を始めとしたキャラクターが活き活きと動き回る。
この噛み合わせにおける違和感はかなり大きい。
これに慣れれるかが、本作を楽しめるラインになるのではと強く感じる。

ちなみに本作は純愛系より、カードバトルで負けることで見られる、触手を始めとした陵辱系の方がかなり力が入っている。
……いや、もうちょっと他の面頑張ってください。と思ってしまうのは、やはりちぐはぐさが強すぎるからだろうか。
スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://majikarukokurin.blog97.fc2.com/tb.php/438-b22dd173

0件のトラックバック

8件のコメント

[C790]

鋼炎攻略お疲れ様です。
私は前作の白ソレはプレイしましたが鋼炎の方は、予算の関係でまだ購入出来ていなかったり…
ソレイユは三部作らしいですよ。
鋼炎も早く購入しないと…

夏空カナタ一人攻略お疲れ様です。
この攻略速度…
私も見習わないとです。
特に、6月は4本もありますからねw

[C791]

>猫崎ミナギさん
どうもです。
前作は自分と相性が悪そうだったので、回避しましたが、それでも今作から始めたのは複雑な気分です。
1つの作品として見ると、あっさりですからね。
ソレイユは三部作ですか、とはいえそれ以外の作品とのリンクもそれなりに多そうで、全部をきちんと把握するのは大変そうです。
一部スタッフの手がけた過去作ネタがちょっと出ていたのにはびっくりしましたしね。

ちなみに攻略速度はゆっくりですよー。
少しだけ気合を入れれば、クリアしたい作品はきちんとクリア出来ますよ。
4本なら大丈夫です! きっと。
  • 2008-05-25
  • kokurin
  • URL
  • 編集

[C792]

kokurinさんのゆっくりなんて信じられません><
  • 2008-05-25
  • ジュナ
  • URL
  • 編集

[C794]

>ジュナさん
そんなっ!?
どうしたらゆっくりと信じてくれるのでしょうか。
……よし、こうなったら、プレイをさらに頑張るようにして、ゆっくりという感覚を麻痺させる作戦で――逆効果の確率、99%と予想中っ(ぉ
  • 2008-05-26
  • kokurin
  • URL
  • 編集

[C796]

私達は彼の全力を知ることはない
  • 2008-05-26
  • 表示しない
  • URL
  • 編集

[C797]

>表示しないさん
え!? いや、きっといつも全力だよ?
だって、襲いたい……じゃなくて、好きな少女を前にして、ゆっくりまったり出来るはずがない!!
えろの前には人類全力投球ですよっ……じ、自分はそんなことないけどね?(ぉ

  • 2008-05-27
  • kokurin
  • URL
  • 編集

[C800]

じゃあ自分もツッコミ(?)を。

こくりんさん的ゆっくり=一般の超高速

今回はいつものこくりんさんに比べたら少し遅めかもしれませんが、それでも速いですよね。
もっと自信を持つのですっ!!
  • 2008-05-27
  • 青蘭@姫君
  • URL
  • 編集

[C802]

>青蘭@姫君さん
青蘭さんまで!? そこまで突っ込みらしきものを入れられると、一体自分のスピードって何なんだろう……びくびく。
しかし、確かに今回は少し遅めだったけど……自分はそこまで早くない、ないんだっ。
自信はきっと1日で1本終わらせないとつきません。
……十分ありえそうだな(ぉ
  • 2008-05-28
  • kokurin
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

こくりん

Author:こくりん

可愛い妹が好きです。
髪は肩くらいの長さで、黒&茶系が好み。
素直な娘よりも意地っ張りなところがあったほうが好きです。
学生(制服)という設定は外せない。
えろい妹も歓迎です。
小さい胸だと尚良いです。
実でも義でも偽でも妹ならOKです。
前は「兄さん」が一番でしたが、
最近は「お兄ちゃん」の方が良い気がしてきました。
「私という脳内義妹がいながら他の妹が良いんですかこの兄さんはっ」(やばい武器をじゃきーん★)
……だって「兄さん」だとこのイメージがついちゃったもん。
全部、2次元の話ではありますけどね。でもがくぶる。

プロフ画像は『カスタムオーダーメイド3D2』(カスタムヒロイン)より

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最近のプレイ作品~♪

ちぇ~んじ!~あの娘になってクンクンペロペロ~

期待中~☆

ま~まれぇど新作第12弾『スタディ§ステディ』 シルキーズプラス『きまぐれテンプテーション』

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

月別アーカイブ

著作権表記

Copyright(C) 2006 GCREST, Inc. All Rights Reserved. (C)Copyright 2006 NtreevSoft Co., Ltd. All Rights Reserved. Ntreev and Trickster are registered Trademarks.