Entries

異色の平穏

天色*アイルノーツ』の感想です。
この記事の下にある追記を表示からどうぞ。
直接この記事に飛んでくる方は、
大きく行を空けたところから下に書いてありますので。
ネタバレはほんの少しだけしています。




一定の満足感があって良かったです。
ただ、ゆずソフトの作品としては想像以上に平穏というか、
物語上に大きな波がなく終わってしまったのが、
ある意味最大の驚きでしたね。

これまでの作品は元々シリアスな設定があったり、
重く描写するケースが多かったりしたのですが、
今回はそういう要素がほぼなかったです。
空に浮かぶ島:ライゼルグ絡みの部分は
結局深く突っ込まれませんでしたしね。


良くも悪くも穏やか。
ゆずソフト内では異色の作品でした。






――ファンタジー色さえ感じさせる不思議な世界(島)で、穏やかな時間を。
そんな作品の印象を受けました。
ちょっと不思議な普通の物語。
それが本作『天色*アイルノーツ』の目指すところだったのかなと。


つまりそれは舞台設定の活用は控えめということを意味します。
彷徨人だけはやや都合よく使われていましたが。

代わりに作品の中心に据えられていたのが、
主人公の教師設定やヒロインの抱える問題でした。
ただ、前者を本当の意味で扱えていたのはシャーリィのみ。
そして後者は普通の学園もの(教師と生徒もの)との差別化が
上手く出来ていませんでした。

その点で評価出来るのは真咲とティア先生。
この2人は種族の特徴や抱えているものを重くなりすぎない程度に
扱えていたので、この2ルートは本作の中では楽しめました。



つまり、設定に比べて、内容の落差が悪い意味で目立ってしまいました。
設定や舞台周りこそ過去作の『のーぶる☆わーくす』を思い起させるものの、
『のーぶる☆わーくす』に比べ本筋に絡まないので、ぱっと見だけになりがちです。

またヒロインの半分が地上の人(日本人)。
主人公の担当教科が日本史になっているのも、
結果としてライゼルグの印象が薄くなってしまっていました。
この点は舞台や人物設定の背景が厚くなっていた、
同じく過去作の『DRACU-RIOT!』と比べると特に感じてしまいます。
(ただし『DRACU-RIOT!』はこの影響でやや重いシナリオになっていたが)


これでも一定以上の出来とは感じる作品でした。
ただ、過去作の良点が弱まった代わりの、
本作ならではの面白さは弱いため、
次はもっと上を、そんな期待をしたくなりました。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://majikarukokurin.blog97.fc2.com/tb.php/2251-301d87ab

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

こくりん

Author:こくりん

可愛い妹が好きです。
髪は肩くらいの長さで、黒&茶系が好み。
素直な娘よりも意地っ張りなところがあったほうが好きです。
学生(制服)という設定は外せない。
えろい妹も歓迎です。
小さい胸だと尚良いです。
実でも義でも偽でも妹ならOKです。
前は「兄さん」が一番でしたが、
最近は「お兄ちゃん」の方が良い気がしてきました。
「私という脳内義妹がいながら他の妹が良いんですかこの兄さんはっ」(やばい武器をじゃきーん★)
……だって「兄さん」だとこのイメージがついちゃったもん。
全部、2次元の話ではありますけどね。でもがくぶる。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

期待中~☆

Nanawind第四弾「春音*アリスグラム」応援中! 『おとれな』を応援中!

最近のプレイ作品~♪

応援中っ★

ま~まれぇど新作第11弾『お家に帰るまでがましまろです』

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

月別アーカイブ

著作権表記

Copyright(C) 2006 GCREST, Inc. All Rights Reserved. (C)Copyright 2006 NtreevSoft Co., Ltd. All Rights Reserved. Ntreev and Trickster are registered Trademarks.