Entries

姉妹全員狙うべき

倉野くんちのふたご事情』の感想です。
この記事の下にある追記を表示からどうぞ。
直接この記事に飛んでくる方は、
大きく行を空けたところから下に書いてありますので。
ネタバレは少ししています。見たくない方は気をつけてください。




絵が好みなことに加え、量はしっかりとあるHシーンのおかげで、
一定の満足感はあった作品でした。
一方シナリオは絵麻の一部イベントとハーレムが好印象でしたが、
それ以外は物足りなかったですね。

設定やノリ、展開の突っ込みどころが多い作品な分、
真面目な話になればなるほど温度差が強かったのが一因でしょうか。

シナリオで良かった部分はヒロインを押し出した部分や、
変な方向へ突っ走ったような部分でしたからね。



……もしかして姉妹でハーレム最高っ!
って思わせたい作品だったのだろうか。と全て書いてから思う。











ハーレムのノリで良かったんだよ……。
そんなことを言いたくなるのが、本作に対してのシナリオ評価である。



別に、ハーレム以外のシナリオが全然ダメ、とは言い切れない。
物語序盤に起きる離婚騒動によって起きる影響を起点に、
各ルート総じて丁寧に書かれている。
それぞれの姉妹が、それぞれのやり方でその問題に向き合っている。
シリアスなBGMが作り出す雰囲気が良くも悪くも強くて、
きっちりと描こうとしているルートが多かった。



……でも、正直このゲームでやるべきかなあ、って思ってしまう。
だって、そもそも双子3組っていう設定もそうだし、
学生だけでお店をやるっていう思考と経緯もそうだし、
姉妹みんな唯一の男性である主人公を狙ってるし、
何より短いイベントの合間に挟まれるエロが多い。


かみ合ってない。というのが素直な感想。
なまじ大抵のルートが一番(シナリオ上、シリアス上)の問題を
真面目に書いてる分、かなり浮いてる。
姉妹の取り合いの合間に離婚騒動、
誰が主人公:和哉のハートを射止めるかとアピール合戦の合間にお店の問題、
そして両親の仲を取り持たせようとする合間にHシーン。
落差というべきか、繋がりが弱いというべきか、そんな印象が拭えなかった。
そしてそういったシリアス面が、単体でも良ければまだ良いものの、
絵やHシーン面で負けていれば、尚更もったいなさが募ってしまう。


もちろん離婚騒動がヒロインたちのアピールしようと
決めさせたきっかけにはなっているのだが、
その前後の違いがあまり感じられない(ヒロインの接し方に違いが少ない)こと、
1人選ばれるとあっさりみんなが引いてしまう印象があったこともあり、
別に離婚騒動なくても、取り合いやアピール合戦は出来たんじゃ、と考えてしまう。

そういう中では普段はそこまで感情をストレートに出さないものの、
ルートに入って独占欲が加速する五女の絵麻が姉妹の中では一番良かった。
他が実質離婚騒動等のシリアスを扱う中で、
最もヒロイン自身の描写がされていると感じられたのが大きかった。


そしてハーレム。ある意味離婚問題そっちのけである。
そういう意味では設定をぶっ飛ばした分投げである。
ただ、このルートが一番良かったのは、
上記に書いた姉妹の取り合い、アピール合戦、
Hシーン全てと合っていた、というのが大きい。

和哉のモテモテっぷりからの姉妹揃っての篭絡作戦。
シリアス分がない分変な違和感がない分読みやすいし、
本作の中では良い部分だけを味わえるというのも大きい。


また、5人の姉妹という設定を、本作の中では最も扱えているというのも、
キャラクター、萌えを求める人(自分の絵買いなのでそういう人でもある)にはとても良い。
やっぱり姉妹(性的にも)仲良くねっ。
という感じのエピローグはある意味本作の名シーンだろう。

離婚問題による和哉と姉妹が別れる危機に対する回答としてはぶっ飛んでいるが、
常に和哉大好きをそれぞれアピールしていた姉妹たちを見る限り、
誰かを選ぶよりある意味自然だと思えるのだ。


……というかえろえろ出来るならそうするだろう普通。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://majikarukokurin.blog97.fc2.com/tb.php/2200-f65b8edf

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

こくりん

Author:こくりん

可愛い妹が好きです。
髪は肩くらいの長さで、黒&茶系が好み。
素直な娘よりも意地っ張りなところがあったほうが好きです。
学生(制服)という設定は外せない。
えろい妹も歓迎です。
小さい胸だと尚良いです。
実でも義でも偽でも妹ならOKです。
前は「兄さん」が一番でしたが、
最近は「お兄ちゃん」の方が良い気がしてきました。
「私という脳内義妹がいながら他の妹が良いんですかこの兄さんはっ」(やばい武器をじゃきーん★)
……だって「兄さん」だとこのイメージがついちゃったもん。
全部、2次元の話ではありますけどね。でもがくぶる。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

期待中~☆

Nanawind第四弾「春音*アリスグラム」応援中! 『おとれな』を応援中! 『桜ひとひら恋もよう』応援中です! 『まほ×ろば』を応援しています!

最近のプレイ作品~♪

D.C.III With You ~ダ・カーポIII~ ウィズユー 『彼女と俺の恋愛日常』応援中です!

応援中っ★

ま~まれぇど新作第11弾『お家に帰るまでがましまろです』 しゅがてん!-sugarfull tempering- 『まほ×ろば』を応援しています!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

月別アーカイブ

著作権表記

Copyright(C) 2006 GCREST, Inc. All Rights Reserved. (C)Copyright 2006 NtreevSoft Co., Ltd. All Rights Reserved. Ntreev and Trickster are registered Trademarks.