FC2ブログ

Entries

控えめ1年

今回は今年、自分がプレイしたエロゲーのまとめ。
色々な部門に分けて、プレイした作品を紹介していきたいと思います。
紹介本文はこの記事の下にある、追記を表示。
この記事へ直接来た方は下の辺に書いてありますので、よろしくです。

去年までの場合、その年発売作品と、それ以前に発売された作品(今回でいえば2011年発売作品と2010年発売作品)。
これらは分けて紹介していましたが、今年はプレイ本数自体が少ないので1つにまとめました。
ちなみに基本的に今年発売作品を中心の紹介となってますのでよろしくお願いします。


それでは、以下が今年プレイした20本です。
今年発売作品とそれより前に出た作品と、分けています。

・今年発売作品
穢翼のユースティア
恋愛0キロメートル
Strawberry Nauts
恋色空模様 after happiness and extra hearts
DragonMahjongg3~天空編~
11eyes -Resona Forma-
戦極姫3 ~天下を切り裂く光と影~
猫撫ディストーション
鬼ごっこ!
person of courage
FantasiaQuest~冒険者異姦物語~
シークレットゲーム CODE:Revise
魔法少女ミラクル☆ユイット ~ダメ!お兄ちゃん見ないで~
禁断の病棟 特殊精神科医 遊佐惣介の診察記録


・2010年以前作品
キラ☆キラ
究極幻想麻雀
夢見白書
パロゴンクエスト -トロの勇者と運命の花嫁-
聖剣のフェアリース
Volume7



この記事の下にある追記を表示からどうぞ。
直接この記事に飛んでくる方は、大きく行を空けたところから下に書いてありますので。









それでは発表。

・総合部門
『穢翼のユースティア』
次点『恋愛0キロメートル』『Strawberry Nauts』

今年の作品総合で評価したいのは、AUGUSTの『穢翼のユースティア』。
これまでのAUGUSTの作風とはまったく違う作品だけに、どうなるかと期待不安両方抱きながら見てましたが、見事な出来でした。
細かい部分含め、その完成度も総合して評価した場合、本作を1番に挙げます。
次点の2作はそれぞれ突出した部分(詳しくは下の他項目で)があり、そこを見れば十二分に良い作品でした。


・シナリオ部門
『穢翼のユースティア』

シナリオ面では『穢翼のユースティア』を押し。
最後の章を除けば、本当に見事な出来だったかと。
逆にその最後の部分の詰めが甘かったのが惜しいのですが、それでも良い出来でした。


・えろ部門
『Strawberry Nauts』
次点『11eyes -Resona Forma-』

えろがつぼに入った作品としては『Strawberry Nauts』。
絵が好みであることに加え、ヒロインの魅力も感じられたのが大きいです。
それに加えて、声だけをじっくりと聴けるシーンがあったのも、自分のつぼに。
ある意味割り切った内容でしたが、そこが合いました。
次点の『11eyes -Resona Forma-』はシーン自体は『Strawberry Nauts』に負けないくらい良かったのですが、シナリオ中にヒロインの魅力を高めきることが出来なかったかなあと。


・萌え部門
『Strawberry Nauts』
次点『恋色空模様 after happiness and extra hearts』

『Strawberry Nauts』が今年一番萌えた作品。
久々に多く萌えるイベントが多かったなあ……と感じた作品です。
もっと萌える以外の魅力が欲しかったかも、という想いはありますが、それでも評価。
次点の『恋色空模様 after happiness and extra hearts』も萌えるといえば萌えるのですが、それよりも楽しい作品。
という印象だったので、次点に。


・笑い(ギャグ)部門
『恋愛0キロメートル』
次点『恋色空模様 after happiness and extra hearts』

笑えた作品筆頭に挙げるは、『恋愛0キロメートル』。
出てくる人出てくる人ボケにボケる作品でした。
ここの作品は毎回新たな種類のネタがあり、どの作品も笑えるところがありましたが、本作も見事。
多くのルート、多くの場面で笑わせてくれました。
次点は『恋色空模様 after happiness and extra hearts』。
本編と変わらぬ明るさと笑いを提供してくれました。安定感という意味では上かなとも。


・CG部門
『11eyes -Resona Forma-』

CGで気に入ったのは『11eyes -Resona Forma-』。
本編のときもそうでしたが、やはり塗りは好みです。
まあ、この部門はほとんど好みで選んでいるので、他にも良い感じの作品は多かったですけどね。


・BGM部門
『穢翼のユースティア』

今年一番悩んだのはBGM。
今年やった中ではずば抜けた作品というのがなかったため。
その中で一番良いかなと思ったのは『穢翼のユースティア』。
シリアスな印象与えるBGMが中心ですが、そこはよく出来ていたなあと。


・ゲーム性部門
『DragonMahjongg3~天空編~』

今年はADV以外のゲームが多かったので、ADV以外のゲーム性、読む以外で面白さを提供してくれた作品も表彰。
その中では『DragonMahjongg3~天空編~』を評価。
今年やったその手の作品は、システムの作りと、要求されるプレイ時間のバランスが悪かった中、本作が一番さっぱりとやれたのが理由。
すっきり楽しめるのが良いなあと。
時間がいくらでもだったら、ボリュームが見事な『戦極姫3 ~天下を切り裂く光と影~』も良いのですが。
さすがに長すぎる、かな。


・ヒロイン部門
『Strawberry Nauts』楠耶央

今までは妹部門としてあったのに、今年はなんとヒロイン部門になっちゃったよ!
いや、妹だけだと凄い少ないですし、しかも気に入ったヒロインとなると尚更に。
そんなヒロイン部門。一番にあげたのは楠耶央。
外見も性格も声もツボだったのが大きいのでしょうが。つるぺたなのが大きいか。



・2010年以前部門
『キラ☆キラ』

最後に挙げるのは2010年以前に出た作品のみでの総合部門。
その中では『キラ☆キラ』を評価。
他には見られないシナリオ。
強烈な印象を残したテキスト。
色々な感情を抱かせた、印象深い作品でした。




・今年1年のエロゲープレイを振り返って
とりあえず最初に言えるのは……プレイ本数少なっ!
去年が40本だっただけにちょうど半分になってしまったのがね。
それでも中々良い作品には会えました。
そこは救い。萌えでは満足。
気になるのはシナリオでおっと思える作品がプレイ出来なかったことかな。
萌える作品もえろえろな作品もゲーム性がいける作品も良いですけどね。
来年はそこを意識してみたいところです。


それではー。
来年も良いエロゲーをっ。
スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://majikarukokurin.blog97.fc2.com/tb.php/1779-341d0d0d

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

こくりん

Author:こくりん

可愛い妹が好きです。
髪は肩くらいの長さで、黒&茶系が好み。
素直な娘よりも意地っ張りなところがあったほうが好きです。
学生(制服)という設定は外せない。
えろい妹も歓迎です。
小さい胸だと尚良いです。
実でも義でも偽でも妹ならOKです。
前は「兄さん」が一番でしたが、
最近は「お兄ちゃん」の方が良い気がしてきました。
「私という脳内義妹がいながら他の妹が良いんですかこの兄さんはっ」(やばい武器をじゃきーん★)
……だって「兄さん」だとこのイメージがついちゃったもん。
全部、2次元の話ではありますけどね。でもがくぶる。

プロフ画像は『カスタムオーダーメイド3D2』(カスタムヒロイン)より

カレンダー

06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のプレイ作品~♪

『闇染Liberator』応援中!

応援中っ★

『恋愛×ロワイアル』を応援しています! 『闇染Liberator』応援中!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

月別アーカイブ

著作権表記

Copyright(C) 2006 GCREST, Inc. All Rights Reserved. (C)Copyright 2006 NtreevSoft Co., Ltd. All Rights Reserved. Ntreev and Trickster are registered Trademarks.