Entries

ある漢の話

最終痴漢電車3』の感想です。この記事の下にある追記を表示からどうぞ。
直接この記事に飛んでくる方は、大きく行を空けたところから下に書いてありますので。
ネタバレはしています。見たくない方は気をつけてください。



素敵な主人公:迅くんゲー。
終わったときに感じたことがそれで良いのかと思いつつもそれがやっぱり一番の感想でした。

正直に言うとHシーンはそこまでツボに入らなかったんですよね。
急な部分はあるものの、えろえろな流れはしていたのですが。


でも何かそれ以上に、話が突っ込みどころ満載で面白かったという。
言っていることは真面目なのに設定と絡むとおかしさ満点なのが良かったです。
ゲーム性もバランスが良いので、ストレスになることが少なかったのも評価。
さすがに周回重ねると時間かかりますけど。


バカゲーみたいな楽しみ方をした記憶ばかりの作品でした。














本作の主人公、迅くんは天然(?)のエンターテイナーでした。


OHPのストーリー紹介を発売前に見て、痴漢に関する能力って何ですかなんて疑問を始め、何か痴漢メインの作品としては明らかに突っ込みを入れたい文章の数々。
そこから一体どんな作品になるのだろうという興味がありましたが、まさにその怪しさに応えてくれる発言と地の文の数々。


《(俺は、痴漢だ。
警察でも、探偵でもない、ただの痴漢だ――)》

《(それなら、痴漢をすることでしか、道を切り開くこと
もできはしないだろう)》

《(俺は、痴漢だ。ただの痴漢だ。何を知ったところで、
できるのは痴漢をすることだけだ)》


これはとあるヒロインを攻略中での文章。
結局何があっても君は痴漢をするんだね迅くん。


《「――我が迷宮にようこそ」》
《「この迷宮から、逃れることができるかな?」》


痴漢パート中に迅くんが放つ必殺技(ラビリンス)の台詞等にも頭を抱えたくなったのは自分だけではないはず。
というか何の躊躇いもなくこういう台詞を痴漢中に吐ける迅くんに痺れます。憧れはしませんけど。
ちなみに痴漢で必殺技っていう突っ込みはもうどうでもよくなりました。


《俺の気配は常人と比べて鋭すぎるようなので、適度
なところで調整している。》


気配をコントロール出来る迅くん、たとえば常人なら気付けるレベル、まったく気付かれないレベルといった風に自在に……って、どうやってるんでしょうか。
ちなみにこの能力を活用して、色んなところに現れる迅くん。会社とか学園とか。
突っ込んじゃダメだ。突っ込んじゃダメだ。


《「明るくても、痴漢くらいできる」》
(昼に駅へと現れたことを突っ込まれたときの、迅くん返しの一言)


君は本当に痴漢のことばっかりですね。
トゥルールートで痴漢馬鹿と言われてましたが、……まあ、そう言われても仕方ないよね。

そんな発言の数々に、自分は突っ込みを入れることばかりしていた気がします。
というか自分にとってこの作品の面白さは、迅くんの発言や地の文に、内心突っ込みを入れることでした。
設定と文章のアンバランスさに笑えるかどうかが、1つ楽しめるポイントになるのではないかと思います。

OHPからある程度予測はしていましたが、まさかここまでとは。
いまいちなバカゲーだと、途中で変なシリアスが入ったり、調子が変わらないため飽きるということがありますが、本作『最終痴漢電車3』では話を進めれば進めるほどそのぶっ飛びようが面白いのも良かったです。
あと犬飼さんと猿渡さん初めて見たときちょっと吹いた。レイヴンの隊長は両極端ですねっ(主に容姿が

他にはヒロインの1人、忍独占ルートでは、仕事もプライベートも上手くいってることに、幸せ過ぎて怖いという忍の発言がありますって、何でしょうかこの下手な純愛作品より幸せそうな2人は。
このシーン見てたらうっかり今やってる作品のタイトルとジャンルを忘れそうになって怖かったです。



一方Hシーンは、和姦といいますか、ほぼ同意の流れが中心。
痴漢パートでなら最初の1回は抵抗してくれるヒロインは何名かいますが、逆に言えばそのくらい。
OHPにはいない女性キャラ1人が唯一でしょうかね。

これは作品の方向性上仕方なかったのかなとも。
迅くんが特にそうなのですが、彼は自分と同じ逸脱者の素質を持ったヒロイン――つまり痴漢とか電車でのえろがないと満足出来ないヒロイン(かつ迅くんが満足出来る相手)を探していたのですから。

つまり本作で展開されるHシーンやプレイが元々全然ダメなヒロインを相手に痴漢行為をするということはしません。
作中でいくつかありますが、女性側が快感を得ない痴漢行為を、迅くんもヒロインも最低な行為と見ていましたし。
ある意味各ヒロインの堕ちが早いのもそういう面があるのかもしれないです。


まあそのせいである種の連帯感やらラブラブっぷりが展開されたときには突っ込みを入れたくなるのは仕方ないですよねと。
迅くんの痴漢レベル5の称号が『痴漢たちの希望』って。ゲーム進めると英雄扱いって。
どんだけ知られているのか鷹取迅。



人称や視点がよく変わるためか、それとも複数ライターのせいか、一部地の文が読みにくかったこと、一部ヒロイン設定での矛盾や、誤字、そういう欠点は多少ありました。
だけどそれ以上に、やればやるほど感じるカオスが楽しかった『最終痴漢電車3』。
Hシーンはもう1つ合いませんでしたが、プレイして満足出来る作品でした。


……もうこれ、自分の中ではバカゲー扱いで良いですよね?
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://majikarukokurin.blog97.fc2.com/tb.php/1414-e6b3cab5

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

こくりん

Author:こくりん

可愛い妹が好きです。
髪は肩くらいの長さで、黒&茶系が好み。
素直な娘よりも意地っ張りなところがあったほうが好きです。
学生(制服)という設定は外せない。
えろい妹も歓迎です。
小さい胸だと尚良いです。
実でも義でも偽でも妹ならOKです。
前は「兄さん」が一番でしたが、
最近は「お兄ちゃん」の方が良い気がしてきました。
「私という脳内義妹がいながら他の妹が良いんですかこの兄さんはっ」(やばい武器をじゃきーん★)
……だって「兄さん」だとこのイメージがついちゃったもん。
全部、2次元の話ではありますけどね。でもがくぶる。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

期待中~☆

Nanawind第四弾「春音*アリスグラム」応援中! 『おとれな』を応援中! 『桜ひとひら恋もよう』応援中です! 『まほ×ろば』を応援しています!

最近のプレイ作品~♪

D.C.III With You ~ダ・カーポIII~ ウィズユー 『彼女と俺の恋愛日常』応援中です!

応援中っ★

ま~まれぇど新作第11弾『お家に帰るまでがましまろです』 しゅがてん!-sugarfull tempering- 『まほ×ろば』を応援しています!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

月別アーカイブ

著作権表記

Copyright(C) 2006 GCREST, Inc. All Rights Reserved. (C)Copyright 2006 NtreevSoft Co., Ltd. All Rights Reserved. Ntreev and Trickster are registered Trademarks.