FC2ブログ

Entries

人が紡ぐモノ

こんばんは、『ク・リトル・リトル ~魔女の使役る、蟲神の触手~』の感想を書きました、kokurinです。
この記事の下にある追記を表示からどうぞ。直接この記事に飛んでくる方は、大きく行を空けたところから下に書いてありますので。
ネタバレは、多少しています。見たくない方は気をつけてください。



ストレートなメッセージ性があるシーンが印象的な作品でした。
特にヨゾラではそれが強かったですね。Hシーンも強烈さが上がってましたが。
反面、シナリオの流れというか展開はいまいちという感じです。
あっさり過ぎる描写でさっさと進む展開、想像以上に燃えが抑えられたバトルに、詳細には深く突っ込まない各人の設定。
アオゾラとヨゾラで分かれている上に、周回を多く重ねる作品であるとはいえ、最初の1週が2時間かからなかったのは、色々早すぎるでしょうと思ってしまいました。


どこを期待するか、どういう要素が好きかどうかがポイントになりそうです。
燃え的な部分や、しっかりとしたシナリオというのは期待したら厳しそう。Hシーンはツボにはまれば魅力がある気がしますが、人を選ぶでしょうし。一部はかなり短いですし。
あくまで一癖ある中規模作品として見るのが良いのかな、とも。














純粋に、娯楽を、楽しさを求めた場合、その期待は大きく裏切られるような気がする。
展開駆け足シリアス高速主要人物の設定数クリック、なんてところが多々見られるからだ。
更に言えばフルプライスとしては非常に短く、更にアオゾラとヨゾラという、2つの違った見え方をするルートを作ったことも、そういう点ではマイナス。
同じ展開で見えるものが違うといっても、同じところはやはり同じところという部分の方が多い。僅かな違いの同じルートを繰り返す感じなので、スキップを使う機会が非常に多く感じるのも、印象を悪くする点だった。
それなのにボリューム(総プレイ時間)はミドルプライス級なのも痛い。


ただそれでも、一定の満足感を与えてくれる。
それはボリュームという面ではともかく、珍しさという点では秀でていると感じられたからだと思う。

触手でクトゥルー。Hシーンもハードなものが多数。自分は合わなかったが、こういう要素も他では中々見られない。
そして自分としては何より、そのストレートなメッセージに驚いた。
というよりも、この作品全体が、そのために作られているような錯覚さえ受ける。



神の転生体とかなんだとかは、終盤で語られるテーマのために引っ張り出されたに過ぎないように見えた。
本作における神の力云々の設定は、戦いのためでなく、神というのは――そのことについての作り手の考えを描くために、引っ張り出された。
詳しくは書かないが、だからこそ、本作は設定にクトゥルーを持ってきたのだと、自分は考えてしまう。
つまりこの作品はバトルなんて最初からほとんど重視していない。だからあっさりだし、扱いも軽い。


結局、この物語は人の想い物語だった、ということだろう。
この物語の旧支配者の力を手に入れた人物たちは、元々願望があった。欲望があった。
ただ、そこに力が加わったことで、エスカレートしただけだ。その力使用者本人の元々の部分――願望・欲望は変わらない。
旧支配者の力があろうがなかろうが、アオゾラであろうがヨゾラであろうが、はっきりとやることを変えなかった(度合いややり方は力を得たことで変わった部分はあるが)あんじぇはそういう点で解りやすい(この点はヨゾラでないと解りにくい人物が多い)。


そして最後のEDが、あまりにもあっけない。
少なくとも力自体は存在することは解るのだが、その扱いはあっさり説明がされ、やはりあまりにもあっけない。
途中の展開もそうだが、強引な主人公に対するヒロインたちの最後の説明も、面白いとか熱いとか納得いくとか、そういう意味での物語としてはあまりに微妙な落ちだと思う。
だが、それが強引に作られた物語――つまり、性質の悪い創作(作中作・ゲーム、妄想ともいえるかもしれない)であることを示唆しているのであれば、ある意味これは上手くいっているのかもしれない。
カーター氏の発言における、最初からやり直せばとか、ロードとかそういう言葉も、そう考えれば違和感はない。そういうものであるから。


これは、神の力が迸る戦いの物語ではない。
これは、人間の叫びと戦いの夢である。そう考える。
スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://majikarukokurin.blog97.fc2.com/tb.php/1156-eb77a044

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

こくりん

Author:こくりん

可愛い妹が好きです。
髪は肩くらいの長さで、黒&茶系が好み。
素直な娘よりも意地っ張りなところがあったほうが好きです。
学生(制服)という設定は外せない。
えろい妹も歓迎です。
小さい胸だと尚良いです。
実でも義でも偽でも妹ならOKです。
前は「兄さん」が一番でしたが、
最近は「お兄ちゃん」の方が良い気がしてきました。
「私という脳内義妹がいながら他の妹が良いんですかこの兄さんはっ」(やばい武器をじゃきーん★)
……だって「兄さん」だとこのイメージがついちゃったもん。
全部、2次元の話ではありますけどね。でもがくぶる。

プロフ画像は『カスタムオーダーメイド3D2』(カスタムヒロイン)より

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近のプレイ作品~♪

『闇染Liberator』応援中!

応援中っ★

『恋愛×ロワイアル』を応援しています! 『闇染Liberator』応援中!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

月別アーカイブ

著作権表記

Copyright(C) 2006 GCREST, Inc. All Rights Reserved. (C)Copyright 2006 NtreevSoft Co., Ltd. All Rights Reserved. Ntreev and Trickster are registered Trademarks.