Entries

それは凹める神の愛

こんばんは、『ヘリオトロープ -それは死に至る神の愛-』の感想を書きました、kokurinです。
この記事の下にある追記を表示からどうぞ。直接この記事に飛んでくる方は、大きく行を空けたところから下に書いてあります。
ネタバレはしています。見たくない人は気をつけてください。



凹んだというか、残念無念な作品です。
なので追記の感想もマイナス面についての記述が多くなってしまいました。
ある程度良かったのは世界観くらいな気がします。残念ながら活かされてはいないと感じましたが。

悪い意味で脱力するイベント。
微妙な戦闘シーン。
ダメなことをあっさりと繰り返してしまう主人公。

あと、本編で結構出て、目だってたシュラヴくんの能力って、ターゲットの腐食だったんだね(本編クリア後にOHPを読んでようやく理解
だって……能力が能力らしく活躍するところがなかったんだもん。と言ってみる。

















設定自体は、それほど悪くはなかったと思います。
発玩した能力やそれを取り巻く色々な組織・人の思い。それに巻き込まれていく形の物語。
でも、シナリオはかなりフォローが難しい作品でした。


脱力感湧くスタート。
唐突で、テキスト化された効果音と掛け声ばかりで構成された戦闘シーン。
しかも、激しい場面転換により、1つのシーンに集中することが出来ないので盛り上がりや流れをぶった切っているのは大きなマイナス。
世界、少なくとも力ある国を中心に、様々な国の陰謀が絡む設定なのに、出てくる勢力と登場人物の絶望的な少なさ。まさかOPムービーに出てくるキャラでほぼ全員とは。
それだけ少ない登場人物だと、話も膨らませきれなかったのもしょうがないでしょう。
その影響か、戦闘も基本的には決着がつかないものがほとんどで、『次こそは決着をつけてやる!』的なものばかり。勝ちも負けもない戦いだけでは、バトルものとしてはかなり痛い気がします。
そういう意味では、バトルが中心というよりも、バトルを通して自分の考えを熱く語る作品なのかもしれません。みなさん頭を使うより基本的に武器(能力)を振り回しているだけの印象が強いですし。そう考えても微妙なのですが。


また、戦闘シーンだけでなく、日常のシーンや、話の流れ的にも作りがいまいち。まず締まりが悪い気がしました。
シリアスとコメディのバランスが悪いと感じたのがまず1つ。
普段からシリアス、そんな人物が本来であれば本気で厳しくならなければならない場面で、急に甘さやコメディキャラっぽい発言や行動を見せるのには違和感。
また、唐突に平和な日常シーンを挟むのも違和感。戦闘ばかりの後で、何の前振りもなしに学園祭イベントをされても戸惑ってしまいます。
たとえ平和な日常と、命のやり取りがあるシリアスとのギャップを出す目的なのだとしても、失敗でしょう。する場面や箇所がおかしいです。


そして物語の最後の辺にあたる部分(アイリスルート)では、ただがくりとするばかりでした。
主人公負の感情で力が暴走しかける→周りの説得で冷静になって抑える→また暴走しかける→説得で冷静になって抑える→しつこく暴走しかける→やっぱり説得で(以下略)→まだまだ暴走を
……これで、ある意味終盤の説明が出来てしまうのは情けない。主人公も、それで終わる話自体にも。Grand Finaleの存在も微妙。
本来であれば悪役らしい悪役になるはずのキャラも、あまりにもあっさりと倒されるため、ただの場の空気を読めない人で終わっているのも悲しいです。


また、ひたすら戦闘の中で自分の考えを述べるだけで、変化が少ない作品のせいか、物語の起点・中盤のポイントを作れなかったせいか、盛り上がりも薄く、主人公はまったく成長していないように見えるのもマイナスでした。
というか主人公。いつそこまでやれるようになったんだろう?



世界は大祝福時代と呼ばれている物語の舞台。
でも、プレイヤーはまったく、その祝福を感じることは出来ないでしょう。……そう思えるくらいには、残念でした。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://majikarukokurin.blog97.fc2.com/tb.php/1065-bc9bd631

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

こくりん

Author:こくりん

可愛い妹が好きです。
髪は肩くらいの長さで、黒&茶系が好み。
素直な娘よりも意地っ張りなところがあったほうが好きです。
学生(制服)という設定は外せない。
えろい妹も歓迎です。
小さい胸だと尚良いです。
実でも義でも偽でも妹ならOKです。
前は「兄さん」が一番でしたが、
最近は「お兄ちゃん」の方が良い気がしてきました。
「私という脳内義妹がいながら他の妹が良いんですかこの兄さんはっ」(やばい武器をじゃきーん★)
……だって「兄さん」だとこのイメージがついちゃったもん。
全部、2次元の話ではありますけどね。でもがくぶる。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

期待中~☆

Nanawind第四弾「春音*アリスグラム」応援中! 『おとれな』を応援中! 『桜ひとひら恋もよう』応援中です! 『まほ×ろば』を応援しています!

最近のプレイ作品~♪

D.C.III With You ~ダ・カーポIII~ ウィズユー 『彼女と俺の恋愛日常』応援中です!

応援中っ★

ま~まれぇど新作第11弾『お家に帰るまでがましまろです』 しゅがてん!-sugarfull tempering- 『まほ×ろば』を応援しています!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

月別アーカイブ

著作権表記

Copyright(C) 2006 GCREST, Inc. All Rights Reserved. (C)Copyright 2006 NtreevSoft Co., Ltd. All Rights Reserved. Ntreev and Trickster are registered Trademarks.